PAGE TOP

アコム店舗ATMでお金を借りたいときはどうすればいいの?

TOPPAGE

消費者金融は銀行に比べてお金を借りやすく数年ほど前までは、簡単な

消費者金融は銀行に比べてお金を借りやすく数年ほど前までは、簡単な手続きで貸し付けてもらうことができました。当時は今のように法整備が確立しておらず、規定の金利よりも高金利でローンを組んでしまったという人がたくさんいました。これが、最近テレビなどでよく耳にする過払い金というもので多く払い過ぎてしまった金利分を意味します。多く払い過ぎた金利分は返還してもらう権利がありますが、過払い金の払い戻し請求には期限があるので注意が必要です。
完済日から10年経ってしまうと時効となり請求権を失効しますので身に覚えのある人は過払い金請求に長けてる法律相談事務所に相談しましょう。



消費者金融アコムというと借りる時はすぐ貸してくれるけど返済が遅れたら取り立てが凄いというイメージを持つ人は多いと思います。昭和の時代は、強引な取り立ても多かったのですが近年は法律が改善されたことにより、そのようなことはありません。金利は銀行カードローンより高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが多いです。

借入や返済もコンビニなどで手軽に行えますしATM手数料が無料の場合が多いので銀行カードローンよりも便利と言えます。



消費者金融にはレディースローンと呼ばれるものもあり、女性の利用者も増えています。

消費者金融各社の借入れ条件やデータを比較したい場合インターネットのランキングサイトを見れば一覧することができます。



各消費者金融会社ごとに詳細をまとめて掲載しているところもありますし、一覧表で比較がわかりやすいサイトもあります。

個々の消費者金融についてのお勧めポイントを掲載してくれているサイトもあるので消費者金融アコムを初めて利用するという人でも、簡単に比較することができるのでとても便利です。


しかも公式サイトへのリンクを貼っているサイトが大半なので比較したらすぐに申し込みの手続きをすることができるのです。

また、ランキングサイトの中には、審査に申し込む時の記入方法がわかりやすく記載されていたり、審査をクリアするためのコツを教えてくれるサイトもありますので、積極的に利用することをお勧めします。
金融機関で高評価を得る要素は金利が安くて、スピード審査、手続きが簡単などといった理由があります。

とはいえ消費者金融の場合、総量規制が関与してくるのでサービス内容で差をつけるのは難しく借入限度額に関しては借り手の経済力が大きく関わってくるので、人気に関しては影響しないと思われます。人気ランキング上位のデータを上げてみますといずれも審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差がないのです。


それよりも、手続きが分かりやすいということや自動契約機や、提携ATMが多いことのほうが人気の秘訣のようです。そのほか、CMに起用されているタレントさんやCM全体を通して伝わってくるイメージも大きく影響しています。


お金を貸し付けてくれる金融機関はいろいろありますが大きく分けると銀行とノンバンクの2種類に分けることができます。
ノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などがあります。

クレカ会社や信販会社というのは、商品代金の立て替え業務がメインとされていますが利用限度枠内であればアコムの借りやすいキャッシングサービスも受けることができます。



一方、消費者金融は貸金業務専門の金融機関ですから利用限度枠内であれば何度でも借り入れと返済が可能となります。消費者金融と銀行の違いは業務内容が異なるという点です。

銀行は金融以外に為替や証券取引、保険など広範囲なことが挙げられます。
昨今の消費者金融業界は法律の改正やCM効果によってブラック企業という悪いイメージは拭えているのではないでしょうか。最近では就職先としての人気高いようなので消費者金融業界の仕事内容や給与、労働条件などを紹介いたします。



まず業務内容についてですが債務者の個人データをパソコンに入力し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。就職するにあたり、絶対に取得しておくべき資格はありませんが責任者に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得する必要があります。
気になる年収について紹介します。


年収は大卒の初任給で20から30万円程度で成果を上げることによってボーナスが期待できるのは他の企業と同じですね。消費者金融アコムは貸金業という法律によって規制されているため銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。

貸金業法と銀行法の違いは何かというと貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。総量規制は、個人の年収の1/3を超える金額の融資を禁止するものでこの規制により、利用者の借り過ぎに歯止めをかける効果を目的としています。


そのため、専業主婦などは消費者金融アコムを利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。ちなみに、銀行は銀行法で規制されているため総量規制なしなので、専業主婦でも利用することができます。住宅ローンなどの高額なローンには保証人や担保が必要となりますがカードローンやクレジットなどの少額ローンはそれらが不要な無担保ローンです。住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が発生することがないかを入念に審査する必要があります。これに対して、アコムのカードローンやクレジットカードなどのローンは住宅ローンほど大きな金額ではありませんし、返済期間も長期ではありません。

ですから、個人の信用だけで借り入れることができますし保証人や担保も用意しなくても良いのです。

何より、保証人を立てて審査をすることになった場合時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピード感が失われてしまいます。


借入しやすいのが特徴ともいえる消費者金融ですがその審査能力は目を見張るものがあります。審査のハードルが高いとされる銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者ということを知っていましたか?貸金業法が改正されたことによって大口融資ができなくなった消費者金融業者のほとんどは銀行グループの関連企業に参入しました。あくまで一般的なイメージですが銀行の方が賢いと思うかもしれませんが審査能力に関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。銀行業務は為替や証券、預金などの業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業とする消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いからです。アコムのカードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲内であれば何度でも借入や返済が可能と言うアコムのキャッシングローンです。
決められた日時の借入残高に対して利子が計算されて月毎の返済日に必ず引き落としされるという約定返済が基本の返済方法です。引き落される金額は残高によってランク分けされることになりその金額の範囲内で利息を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられます。

ですから、利息の計算日までにできる限り元本を減らしておくことが利子を減らす有効な方法となります。

ローンの返済には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入を得たときなどにある程度まとまった額を返済することで効率良く元本を減らすことができます。

メニュー